インターネットFAXの感想

コスト削減の為に、会社でインターネットFAXを使っています。仕事が営業なので、特定多数のお客様のFAXを送信することが多いのですが、以前は顧客リストを見ながら、1件毎に送信していたので、時間はかかるし、多忙な時は対応できないこともしばしばありました。コスト面でも、結構、通信費用がかさむので、社内でも問題になっていたのですが、何年か前にインターネットFAXの存在を知り、すぐに導入に踏み切りました。使い勝手は抜群で何よりも手間がかからないし、ランニングコストも安いとあって社内では評判が良かったです。インターネットFAXとメールとを比較されることがあります。メールの方が確かに便利で手間がかからない点はインターネットFAXよりは優れているとは思うのですが、相手方の効果を見る時に、メールでは営業面でのインパクトが薄いのです。営業のメールだと分かれば、開封せずに破棄されることも多いのですが、インターネットFAXで送付した資料は一応、相手方の目に留まる可能性が非常に高いのです。営業目的で使用するからには、断然、効果の期待できる媒体を使うべきで、取引先の方々の反応も違ってきました。先日、送ってもらった資料見たよとか言っていただくことも以前よりは増えてきました。又、インターネットFAXの場合、外に営業に出かけている時も送受信の状況がスマホで確認できますので、非常に便利です。営業のツールとして見れば、インターネットFAXを上手に使いこなせることによって、営業成績の向上を図れることも出来ますし、会社にとっても、社員にとってもインターネットFAXを利用することのメリットはかなり、今の段階では感じることができます。

FAXの便利さと注意点

FAXは便利ですね。電話と違って書類のやりとりができますから、込み入った内容をやりとりしたり、地図を送ったりといろいろなことができます。

また、電話と違って相手が不在なときでも送ることができますから、メールのような便利さも持っています。最近ではメールを使う方も多いですが、FAXは実際に書類を送りますので、高齢の方にも使いやすいですし、メールのようにデータが消えてしまうということもありません。

私が自宅で使っているFAXは、NEC製のものです。数年ごとに買い替えており、これで3台めです。ビジネスで取引する際にも使いますし、くだものなどを業者さんに発注する時などにも使います。

私はコピー機を持っていませんが、ファックスがあればコピーもできます。

FAXは上記のようにアナログな要素が多く、それが便利でもありますが、注意したいこともあります。たとえばこちらから書類を送った際に、端っこが切れてしまう場合があります。ただ、重要な部分が切れてしまっているときには、先方から連絡をもらえることが多いです。

書類を送る際の向きにも注意しましょう。表と裏を間違えますと、白紙で送ってしまいます。同様に送り先が正しいかどうかにも注意が必要です。

それから、鉛筆で書いたものや細い文字ですと、鮮明に送れないことがあります。なるべく太く、濃くすることが大切です。

紙がないときに受信したらどうなるのか、と心配の方も多いでしょうが、最近の機種はメモリー受信という機能があり、紙がなくても機械の中に受信データを保存しておけます。

ファックスでは紙をローラーが送るようにしていますので、不具合が起きたときにはローラーを掃除してあげますと、復活することもあります。

http://internet-fax.pya.jp/entry7.html

Just another WordPress site